一生食べていける資格を調べてみた【50代からでもできる仕事】

一生食べていける資格を調べてみた【50代からでもできる仕事】

アラフィフ・おひとり様のルビィロマンです♪

コロナウイルスの影響で

職を失ったり、お給料が激減された方、多いですよね。

40代や50代からでもできる仕事、

できれば一生食べていける資格、欲しいところです。

そこで今回は女が一生食べていける仕事と資格

終活アドバイザーについて調べてみました!

気になる方は是非参考にしてみてください。

50代からできる仕事【終活アドバイザーとは?】

アラフィフにもなると終活という言葉、、

結構 少し

意識しますよね。

実際に終活に必要なものは

介護、財産の相続、遺言、葬儀、お墓などたくさんあります。

そこで何をどう手続きしたらよいのか分からないときにアドバイスしてくれるのが

終活アドバイザーなんですね。

自分の終活だけではなく

家族からの終活の相談も受け付けています。

終活にかかわる全ての悩みに対応すしていくという終活アドバイザーは民間の資格になります。

50代からできる仕事【終活アドバイザーの仕事内容】

終活アドバ―ザーの仕事内容は

介護が必要になったときの施設の選び方や生前整理、エンディングノートの書き方や

仏壇やお墓、納骨堂の準備の下見や相談、

区役所など窓口への同行や

遺産相続などを生前に行う場合などは

弁護士や司法書士のところへ同行したりする場合もあります。

昔は家族がやっていた終活。

今は生前にするケースが増えているので

自分自身でする人が増えてきていますよね。

今後、終活アドバイザーのお仕事はとても

需要があると思います

他にも終活セミナー講師としてセミナーに参加したりもできます。

セミナー後、参加者の相談に乗ったりすることもあります。

50代からできる仕事【終活アドバイザーになる方法は?】

終活アドバイザーの資格を取る方法は

①通信講座にてテキストと動画で終活アドバイザーを学ぶ

②自分の住んでいる地域で開催されている終活ガイド検定(無料)を受ける

通信講座なので外出できない今の時期にはぴったりですね
空いた時間で自宅で勉強できるので

副業を考えている50代女性にも特に人気がある資格です。

確かに終活の知識ってアラフィフ世代の私たちにとって

知ってて損はない情報です。

在宅で学べるというのも最大のメリット。

そんな終活アドバイザーの資格を取ってみたい

と、興味がある方は

終活アドバイザー資格取得の中でも

良心的な料金で取得できる一般社団法人終活協議会で取れる

上級者終活ガイド口座があります。

終わりに

最近TUTAYAへ行って驚いたのが

終活エンディングノートがめちゃめちゃ売れてる!

ということでした。

そろそろ私も購入を迷っているエンディングノート。

エンディングノート

人生100年時代と言われていますが

100歳近くなった時に

自分で判断でできない事ってたくさんあると思うんです。

だからアラフィフでもある今のうちに、

今後、どう生きたいのか?

自分らしい生き方って?

自分の納得できる生き方って何なのか、

自分がもしも死んだとき

どうして欲しいのか。

お墓に入りたいのか納骨堂なのか?

財産は誰に渡したいのか?

もし認知症になったらどうする?

など

今のうちから考えて行動するのも大切なことかなと思いました。

今回ご紹介した終活アドバイザーのお仕事は

定年がないので長く働くことができます。

そして自分の終活のためだけではなく、家族の終活にも役立てることができます。

女性が一生食べていける強い資格ともいえますね。

誰かの人生に寄り添うために

終活アドバイザーの資格を取ってみませんか?

きっと自分の人生も大切にできると思います。